Mixed Realityの特徴

MR・AR・VR

OJT自動化に適したMixed Realityの特徴を説明します。

特徴1

事象の直観理解を促せる

人間が外界から情報を得る際、ほとんどが視覚・聴覚と言われています。Mixed Realityは、この視覚・聴覚へ訴える実習が実施可能です。各々の知識レベル差、言語の違いの煩わしさを取払い、没入感を高めた実習コンテンツは新入社員の直観理解を促進し、教育効率向上に貢献します。

 

特徴2

バラつきを無くせる

一度MRアプリを作ってしまえば、将来にわたって統一された教育内容を実施できます。ITシステムとしてOJTを実施できるため、人間が介入することによる教育の質のバラつきを無くせます。また、新入社員だけなく外部への職場紹介時にも流用でき、業務全体の効率化が狙えます。

 

特徴3

無人で実施できる

必要なものはARグラスとスマホのみ。新入社員が都合の良いタイミングでトレーナーが不在でもOJTができます。そのため、複数の新入社員と対応する複数のトレーナーのスケジュール調整をせずに済みます。リモートワークが推進されている現在、柔軟な教育プログラムを設計できるようになるこの特徴は、価値があります。

 

特徴4

なんといっても面白い

Mixed Realityは最先端技術であり、日々進化しており世の中から関心を浴びています。その話題性だけでなく、Mixed Realityで体験できる未来感は、人々をワクワクさせます。それは、新入社員も同じです。新入社員にとってお客様企業をより魅力的に映るかと思います。また、新入社員だけでなく職場のトレーナーも教育に対し、積極的に参加してくれるきっかけにもなり得ます。

 

Mixed RealityのOJT自動化に適したこれらの特徴を活用する事で、新入社員のモチベーション維持・短期成長を促し、お客様は現場の負担を軽減しつつも、多様な人材の確保・育成を行う事ができると考えております。また、これらの特徴に加え、私達のMRアプリは独自の強みを持っており、より効率的・効果的に解決できます。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。