代表取締役の内藤優太です。弊社HPへご訪問頂きありがとうございます。

社名のエピソテックは、体験を通して強く記憶に刻まれる「エピソード記憶」と、技術の英訳「テクニック」を組み合わせた造語です。「直観理解に優れる技術により、関わる方達の脳奥底に刻む体験を提供する事で、多様な人材が活躍する基盤を作る」という意思を社名に込めています。

エピソテックは、ビジョン「多様な人材が活躍する基盤を作りたい」、ミッション「人々の直観理解を促進する」を掲げて、運営されている会社です。このビジョン設定の背景には、私が前職で「人々は企業のために、個性を殺して人生の半分以上を使う」という事を日々感じていた事が挙げれます。近年、企業が注目している「イノベーション」は多様性から生まれる事が知られています。個性を持った方達が力を発揮する環境があれば、今までにない面白い事が起きるかもしれません。個性を良しとしない企業文化が、人々の可能性をつぶし、企業の将来をつぶします。この双方によろしくない矛盾状態は変えなければならない、という想いから本ビジョン設定に至りました。

ビジョン「多様な人材が活躍する基盤を作りたい」

代表取締役内藤 優太

人々の直観理解を促進する

一方、ビジョン達成のための手段であるミッションには、「個性が直観的に他者に伝わりやすい形にすれば、自然と個性を受け入れる文化ができる」仮説検証を推し進めるという想いが込められています。この仮説背景には、VR(Virtual Reality:仮想現実)を含むxR技術を使った技術伝承ソリューションの新規事業開発のリードを担当していた事の経験から来ています。この技術がもつ「データの直観理解」はとても素晴らしく、お客様含む関係者全員のコミュニケーションの短時間での活性化に協力に寄与していました。わかりにくい事柄であっても、あっといまに脳に刺激し、記憶に刻めるのです。この技術をだれでも手軽に扱えるように昇華する事で、個性の理解促進につながるはずです。

 

市場の期待に応えます

 

上記ビジョン・ミッションを持った会社を立ち上げたいと思っていた中、最終的に起業への踏み込んだきっかけは、「市場がxR技術を待ち望んでいる」という事を肌で感じたことです。前職の事業開発にて、技術伝承に課題を持つ市場に対してxRがもつ直観理解の力は好感を得たものの、実際に導入していただいたお客様はごく一部でした。コンテンツ開発のコストが多くのお客様への導入の壁となっていたのです。この勿体なさを解消するためのプロダクトを提供することで、ビジョン・ミッション達成ならびに事業成長が見込めると考え、エピソテック株式会社を起業しました。技術としては、現物の物体をわかりやすく表現し、意思疎通が行いやすいAR(Augmented Reality:拡張現実)にフォーカスする事で、xR としての価値は維持しつつもコンテンツ作成工数で支配的な環境 3D モデリングを不要とするアプローチをとることにしました。ARで個性・魅力を引き出します。

 

弊社リソース・技術によって得意・不得意は出てくるかと思いますが、業種は限定せず対応していきたいと考えております。お客様のお悩み・ご希望に寄り添った最良の解を出すお手伝いをさせていただきます。エピソテック株式会社を今後ともよろしくお願いいたします。

 

下記の行動指針を掲げ、ミッション達成に励みます。

長所に目を向ける

アジャイルに取り組む

発見に感動する

多様性を享受した先には
創造的な世界が待っています

企業情報

会社名(日本語表記)
エピソテック株式会社
Company name (English)
Episotech Ltd.
所在地(日本語表記)
〒167-0031 東京都杉並区本天沼2丁目40番12号
Company location (English)
2-40-12, Honamanuma, Suginami-Ku, Tokyo, Japan, 167-0031
設立
2020年10月
事業内容
1.AR/MRアプリケーションの企画・開発、およびサービスの提供
2.上記に付随するコンサルティング
主要取引銀行
住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行
English EN Japanese JA