現場でみる動画・AR手順書

教育担当の負荷を低減しつつ、新人スタッフの早期成長を実現

現場作業系部門において、新任者を即戦力化したくとも作業内容を覚えてもらう事に時間がかかってしまっている事に課題を感じていませんか? わかりやすい教育コンテンツ作成にチャレンジするものの、「文書化では、作業などの動きは表現しづらい」「動画マニュアルでは、現場スタッフが扱うには操作が難しい」という問題に直面して推進が滞っていませんか?

これら課題を、現場作業特化型の動画・AR手順書システム「Dive」によるDX解決しましょう。Diveを導入することで、作成者は効果的なマニュアル作成の時間を短縮しつつも、独自の特長であるAR(拡張現実)によって使用者のハンズフリー運用・教育無人化を促進する事ができます。

無料トライアルでお試しする

Download on the App Store

日本語版操作マニュアルはこちらからご覧ください。※英語版はお問合せください。

Diveで作成できるマニュアルの特徴

1. 手順書としての動画

手順毎に分割された動画マニュアルを作成する事ができます。つまり、動画の手順書を作成できます。新人スタッフ(作業者)は、作業ステップ毎に作業動画と同時に「コツ」「注意ポイント」「安全上の重要事項」を確認できます。また、各手順毎にチェック項目も設けることができます。作業ステップ毎に分かれたわかりやすい情報を提供する事で、作業者自身のペースに沿って、着実に作業を実行する事を推進できます。

 

2. ハンズフリーに対応

作成した動画手順書の各ステップの動画は自動再生・リピート再生され、作業者はいちいち再生ボタンを押す手間は無いので、観覧しながらの作業では最適です。HoloLens2INMO Air2RayNeo X2RealWearVuzixThink Reality A3などの幅広いスマートグラス・ARグラスを併用できるので「横に仮想ディスプレイを置いて、動画を参照しながら作業をする」という事が可能となります。スマホアプリで表示した(または紙に印刷した)QRコードをグラスのカメラから読み取ることで、すぐ手順書を開くことができます。このように操作が複雑なスマートグラスの扱いを極力ンプル化する事で、現場導入時の拒否感を低減化する工夫がなされています。

3. 空間認識ARによる無人ガイド

数あるDX技術の中でも特に現場支援に相性が良いとされているAR(Augmented Reality:拡張現実)、Diveはこの技術をサポートしています。 作業者へモノの置き場や道案内を、リアルタイムに無人でガイドする事ができます。Diveは、ARの中でも特に最新技術であるVPS(ビジュアル・ポジショニング・システム)技術を活用しているため、位置ずれの最小化を実現。ならびに現場にQRコードやARマーカー等の印刷物を配置すること必要はありません。作ったコンテンツは、作成した動画手順書のステップ間に挿入する事ができるため、ゲームのチュートリアルのような、今までとは全く異なる作業者の脳に刻まれる動画手順書を構築できます。 「受動的な教育をする」やり方から、「主体的な教育をする」 やり方 へDXする事で、作業者・教育担当者ともに嬉しくなる教育スタイルへの変革を実現します。

※本機能はスマホ/タブレットでの観覧のみ有効です。

無料トライアルでお試しする

作成者目線でのメリット

効果的なマニュアル作成の時間を短縮できます。手順書作成に、ITスキル不要です。現場の方が無理なく最小工数で作成できるよう、設計されています。

シンプルな編集機能

動画を手順分割する作業は一般的に編集スキルと、作業自体の時間も要します。 Diveであれば作業分割に特化したシンプルな編集機能(特許出願中:特願2024-024650)により、簡単に動画を手順毎に分割できます。実績から、実際にITに不慣れな現場熟練者の方々が自ら編集を行える事が確認できており、熟練者のノウハウを形式知化する際の手間・面倒を最小化できます。

 

誰が作っても伝わる

「コツ」「注意ポイント」「安全上の重要事項」は標準フォーマット化されているため、誰が作っても統一感のある手順書を構築できます。同時に、自動翻訳機能(現在15か国語に対応)を備えているため、言語毎にデータ用意・更新する度に翻訳をし直す手間はありません。

 

高度なARなのにノーコード

ARコンテンツ作成は、ノーコードでスマホのみですぐ作成できます。作成者はスマホ越しに現場を見ながら、スマホ上のタップ操作で図形・音声・動画・画像・テキスト・ブラウザ・ナビゲーションをあたかも「置く」感覚で直観的に作成できます。

無料トライアルでお試しする

+α:新人の独り立ちを強力に推進

動画手順書使用中にボタンワンタップでそのまま、GPS情報と共に熟練者への遠隔支援要請をする事もできます。ARを使ったビデオ通話により、ストレスフリーな「あれこれ」遠隔支援を可能にします。もしもの時も対応できるため、安心して独り立ちの機会を量産できます。 ハンズフリーでビデオ通話をしたい場合、スマートグラス(INMO Air2)・ARグラス(XrealLight)に対応しています。

※INMO Air2用アプリについては弊社へお問合せください。 ※XrealLight用アプリのダウンロードページはこちら。 ※各ARグラス・スマートグラスの特性上、スマホ版と比較し、機能制約や機能が異なる点があります。詳細はお問合せください。

システム概念図

SaaS型でご提供します。作成した手順書が手間なく共有されるようデータはクラウドで管理されています。お客様がサーバー用意・運用する必要はありませんので、オンプレミス型と比較して運用コストを抑える事ができます。また、ハードウェアについてはARに対応している一般的に普及しているスマホ/タブレットを使用できます。既に導入している環境・デバイスを活用して、DXの一歩を踏み出しましょう。Diveは、その勇気を支えます。

大切なデータを安心のセキュリティで守ります

作成した手順書が手間なく共有されるようデータはクラウドで管理されています。Diveを安心して利用していただくため、様々な角度からセキュリティ対策・運用を実施し、大切なデータを守ります。IT管理者はメンバーのアカウントを一元管理できるためIDやパスワードの流出リスクが低下するシングルサインオンをサポート、非常に高い信頼性とセキュリティと実績を有しているGoogle Cloud Platform(GCP)をデータセンターに採用するなどを行っています。

導入企業

この手軽さ・直観性・展開力が受け入れられ、物流、ビルメンテナンス、機械サービス、製造業等の現場作業系の事業者様に導入実績があります。現場作業を軸とする事業者様へ、人手不足の中での新人スタッフ早期成長のためのDX推進に貢献しています。

無料トライアルでお試しする

 

ニュースレター登録はいかがですか?

ARや技術伝承等に係るお役立ち情報、ならびにDiveの活用事例などをニュースレター配信しています。 情報収集にもご活用いただけますと思いますので、よろしければご登録をよろしくお願いします。

English EN Japanese JA