動画・ARで直観的作業手順書を手に入れる

現場巻き込み型教育DXで、現場スタッフの早期成長を実現

現場スタッフの早期成長を実現するために、動画マニュアル・手順書・SOP(Standard Operating Procedure:標準作業手順書)の整備を検討しているあなたのチームは、下記を課題を抱えていませんか?

  • 撮影をしたはいいが、編集に時間を要する。

  • 設備/機器の要所表現が、動画では手間である。

  • 作成者によって、フォーマットがバラバラ。

これらの課題を、DX(デジタルトランスフォーメーション)の技術要素であり、「直観的な意図表現・伝達」に優れた特徴を持つAR(Augmented Reality:拡張現実)を使った現場支援システム「Dive」で解決しましょう。

Download on the App Store

日本語版操作マニュアルはこちらからご覧ください。※英語版はお問合せください。

Diveが提供する3つの特徴

1. 手順分割に特化した編集

動画マニュアル作成ツールを導入検討したが、操作が煩雑で断念した経験はありませんか?熟練者がそのまま編集してくれたら楽なのにな、と思う事ありませんでしたか?手順分割に特化した動画編集機能(特許出願中:特願2024-024650)により、これらを解決します。熟練者のノウハウを形式知化する際の熟練者の手間・面倒を最小化し、取り組み初期段階の壁を打破します。

2. 現場に情報を「置ける」

ARの中でも特に最新技術であるVPS(ビジュアル・ポジショニング・システム)技術を活用することにより、作成する熟練者は図形・音声・動画・画像・テキスト・ブラウザ・ナビゲーションを「置ける」ため、現場設備・機器の要所を直観的な表現をする事ができます。利用する現場スタッフも、現場を肌に感じながら直観的に情報を得る事ができるため、手順書内容の短期間理解と記憶への定着に役立てられます。

3. 作業表現フォーマット

作業内容を料理のレシピのようにステップ表現する事をベースに、あらかじめ「コツ」・「注意」・「安全」の記入欄が設けられています。また、自動翻訳機能(日本語・英語・タイ語・ベトナム語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・ミャンマー語・マレー語・ベンガル語・インドネシア語・ネパール語・タガログ語・スペイン語・ポルトガル語・ヒンディー語)も備えているため、統一感のある効果的な作業手順書の拡充および共通理解を組織で推進できます。また、ステップ毎でGoogle フォームのような設問項目を設けて、確実に順番通りの実行・確認・点検結果入力を促す事も可能です。結果はデータベースへ自動保存、PCブラウザから使用ユーザーやタイムスタンプと共に一覧確認・帳票出力できるため、ISO監査対応時やチームリーダーによる上長へのレポート提出時等のデータ収集における時間削減にも寄与します。

+α:若手の独り立ちを強力に推進

作業手順書使用中にボタンワンタップでそのまま、GPS情報と共に熟練者への遠隔支援要請をする事ができます。ARを使ったビデオ通話により、ストレスフリーな「あれこれ」遠隔支援を可能にします。もしもの時も対応できるため、安心して独り立ちの機会を量産できます。 ハンズフリーでビデオ通話をしたい場合、スマートグラス(INMO Air2)・ARグラス(XrealLight)をお使いいただけます。

※INMO Air2用アプリについては弊社へお問合せください。 ※XrealLight用アプリのダウンロードページはこちら。 ※各ARグラス・スマートグラスの特性上、スマホ版と比較し、機能制約や機能が異なる点があります。詳細はお問合せください。 ※INMO Air2用アプリでは、AR空間情報無しにてSOPを実行・観覧できます(β版)。

システム概念図

SaaS型でご提供します。お客様がサーバー用意・運用する必要はありませんので、オンプレミス型と比較して運用コストを抑える事ができます。また、ハードウェアについてはARに対応している一般的に普及しているスマホ/タブレットを使用できます。

Diveは、DXの成功確率を高めるために重要な「現場巻き込み」「ボトムアップ」を実現するために、現場のユーザーが気軽に運用できる設計を目指しています。その設計思想から、動画編集が至極容易、ARのための現場空間取得と情報表現を1つのアプリの直観的な操作で完結するという、他社には無いユニークな強みを持ちます。

既に導入している環境・デバイスを活用して、DXの一歩を踏み出しましょう。Diveは、その勇気を支えます。

導入企業

この手軽さ・直観性・展開力が受け入れられ、ビルメンテ、建機レンタル、製造業等の事業者様に導入実績があります。現場を軸とする事業者様へ、作業品質管理・技術伝承のDXの機会を提供し、ナレッジマネジメントの推進に貢献しています。

 

ニュースレター登録はいかがですか?

ARや技術伝承等に係るお役立ち情報、ならびにDiveの活用事例などをニュースレター配信しています。 情報収集にもご活用いただけますと思いますので、よろしければご登録をよろしくお願いします。

English EN Japanese JA